夢香山物見櫓>地名コレクション訪問記>那覇市・泉崎ロータリー(元ロータリー)訪問記

沖縄本島のロータリー(4)
那覇市・泉崎ロータリー(元ロータリー)訪問記

写真撮影・平成18年6月
記事作成・平成19年3月、追記・平成25年10月
「ロータリー」コレクションの協賛企画です。

沖縄本島のロータリー第4弾、那覇市の泉崎ロータリーです。ロータリーの場所はこの辺り。航空写真だとこうなります。所在地は那覇市久米1丁目になるのですが、交差点名が泉崎交差点なのでロータリーも泉崎ロータリーと呼ばれていたようです。(国道を挟んでロータリーの反対側が那覇市泉崎)
しかしながら、実はこのロータリーも無くなっています。無くなったのは平成18年12月。訪問時には撤去計画があることは知らず、現地にも工事に関する掲示等が何も無かったので無くなったことを知った時は驚いたものです。訪問時には工事予告とか無かったんですが、嘉手納ロータリーと違って道路工事のみで大規模な撤去工事は必要なかったので、工期は半年も必要なかった、と言うことでしょうか・・・こうなると、嘉手納にしても泉崎にしても「絶好のタイミング」で訪問した、と言うことになりましょう。
と言うことで、在りし日の泉崎ロータリーをご覧下さい。

泉崎ロータリーに向かう

(写真1)ひんぷんガジュマル(北側から撮影)

(写真1)「泉崎交差点」。(撮影ポイント)
那覇都市モノレール旭橋駅から国道58号線を北に向かって歩いていくと泉崎交差点に出ます。泉崎ロータリーはこの交差点の西側にあります。
ちなみに、ここに到着したのがだいたい昼12時ぐらい。国道は結構な交通量でした。構図的に東横インがど真ん中になってしまってますが、本来の目的は交差点の方ですので・・・。

(写真2)陸橋から見た泉崎ロータリー・1。

(写真2)陸橋から見た泉崎ロータリー全景・1。(撮影ポイント)
国道東側の陸橋に登り、ロータリー全景の撮影を試みました。ご覧の通り、ティアドロップ方のロータリーです。国道58号はロータリーをスルーする形。

(写真3)陸橋から見た泉崎ロータリー・2。

(写真3)陸橋から見た泉崎ロータリー・2。(撮影ポイント)
今度は国道西側の陸橋に移動して写真を撮りました。ロータリーの回りに4つの分離帯がある訳です。ところで、ロータリーの真ん中にポツンと植木鉢が置いてあるんですが、それがなんだか寂しい感じ。ネット検索してみると、かつてはロータリー内にいろいろ植えられていた事もあるようですが・・・。

泉崎ロータリーを歩く

(写真4)泉崎ロータリー・南側から北側を望む。

(写真4)泉崎ロータリー・南側から北側を望む。(撮影ポイント)
陸橋から降りて、ロータリーを時計回りでグルッと回ってみました。まずは南側から見た図です。こちら側には停止線がありますが、国道58号線の北向き車線から常時左折可だったかどうかは確認し忘れました。

(写真5)泉崎ロータリー・南西側から東側を望む。

(写真5)泉崎ロータリー・南西側から東側を望む。(撮影ポイント)
ロータリーに絡む道としては国道58号線の西側を並行して走っている小路があり、この写真はその小路のロータリー南側にある横断歩道の上から写してます。ここで気付いたのですが、この小路はロータリー西側の分離帯に行く手を遮られており、ロータリーに進入できない様になっていました。となると、このロータリーは見た目上は7差路なのですが、事実上6差路と考えるべきなのかもしれません。

(写真6)泉崎ロータリー・西側から東側を望む。

(写真6)泉崎ロータリー・西側から東側を望む。(撮影ポイント)
こっちから見るといかにもロータリー、って感じなんですが。

(写真7)泉崎ロータリー・北側から南側を望む。

(写真7)泉崎ロータリー・北側から南側を望む。(撮影ポイント)
国道と並行して走っている小路の、今度はロータリー北側の横断歩道上からロータリーを写しました。こちらの道にはロータリーから進入可能です。

(写真8)泉崎ロータリー・北側から西側を望む。

(写真8)泉崎ロータリー・北側から西側を望む。(撮影ポイント)
ロータリー北東側の道には「転回禁止」の標識は無かったんですが・・・

(写真9)泉崎ロータリーの東端

(写真9)泉崎ロータリーの東端。(撮影ポイント)
ロータリーの東端は鋭角とはいえ車で回ることは可能な形状なのですが、この写真の通りここでロータリーに沿って車を走らせると国道58号線の北向き車線を逆送することになるんですよね。まぁ信号がありますから国道の車と正面衝突する危険性は低いと思いますが、本当にここで回って良いのかなぁ・・・???

以上のとおり、ロータリーの回りは時計回りの一方通行ではあったのですが、形状や回りの道路状況からすると「車で回りを1周することができない『通称ロータリー』」である可能性があります。しかし交通標識などからはそこら辺が判別できず、ちょっとすっきりしませんでした。真相は如何に???

終わりに

泉崎ロータリーが廃止されてしまったことを知ったのは平成19年4月のことでした。記事が消えてしまっていますが、新潟県道路街路課の告知ページに工事前後の交通規制の変更に関する案内文書があり、それを見ると泉崎ロータリーは交通規制上グルッと一周できなかったことが分かりました。
また、現在ロータリー跡は竜の頭を模した広場として生まれ変わっているそうです。