夢香山物見櫓>創作作品名字考>となりの関くん

創作作品名字考「となりの関くん」

「となりの関くん」の登場人物のうち、クラスメイトは教室内の位置関係や作品内での行動に合わせた命名となっています。横の席の関くんの行動が気になってつい気になって見てしまう「横井るみ」、横井さんの隣の席の「関俊成」、関くんの前の席で先生からの壁となっている「前田高広」、ウザい行動で関くんの遊びを邪魔するもすぐ飽きて投げ出す「宇沢明康」、クラスの端の席から挙動不審な横井さんを見てしまう「橋野友香」、クラスメイトの横井さんに何かとあだ名をつける「仲間由宇」。横井さん関くんの座席が最後列なので、それより後列という訳では無い後藤さん(後藤桜子)の命名由来がちょっと解りませんが、関くん横井さんが「深い仲」だと誤解して悶々とする役回りなので「誤答」という言う事でしょうか。(先生の名前はあまり関係ない感じ?)
と言う事で「ダジャレ系」の命名ではありますが、姓名としてはあまり不自然さを感じない命名がされており、それぞれの名字もすべて○です。「宇沢」がもしかしたら?と思いましたが、電話帳掲載数は100件台で、分布も比較的特定の地域に偏っていて目にする機会が少ないだけでした。

名字読み電話帳記載の有無作品名
足立あだちとなりの関くん
宇沢うざわとなりの関くん
後藤ごとうとなりの関くん
せきとなりの関くん
たにとなりの関くん
外山とやまとなりの関くん
仲間なかまとなりの関くん
橋野はしのとなりの関くん
前田まえだとなりの関くん
横井よこいとなりの関くん

  • このページの上へ