夢香山物見櫓>地名コレクション訪問記>金沢市・円光寺ロータリー&バスロータリー訪問記

金沢市・円光寺ロータリー&バスロータリー訪問記

写真撮影・平成25年9月
記事作成・平成25年10月
「ロータリー」コレクションの協賛企画です。

おことわり

以前は金沢市上荒屋と円光寺の2つのロータリーを1つの記事で紹介していましたが、ホームページリニューアルに際して2つの記事に分割し、円光寺ロータリーに関しては写真もすべて差し替えました。上荒屋ロータリーについてはこちらをご覧下さい。

円光寺ロータリーの存在は「ロータリー」コレクションで知ったのですが、最初は県道沿いにあるバスロータリーのことだと思っていました。ところが、地図を見てみると、団地のど真ん中にロータリーがあるではありませんか。近くまで行くことはあっても団地の中まではわざわざ入っていかないので、目にする機会が無かったのでした。
で、平成17年11月、上荒屋のロータリーの写真を取りに行ったついでにこちらにも寄ったのですが…現地に着いたのは午後5時頃、ほぼ日没時間だったために写真を撮るには薄暗く、撮れたのはぶれた写真ばかり…と言う状態でした。
8年を経て久しぶりに円光寺近辺を歩く機会があったので、前とほぼ同じアングルで写真を撮り直しました。さらに、ロータリー周辺やバスロータリーも撮影してきたので、それらも併せてご紹介したいと思います。

円光寺ロータリー

(写真1)円光寺ロータリー(西側から撮影)。

(写真1)円光寺ロータリー(西側から撮影)。(撮影ポイント)
十字路のまん中に位置しており、ロータリーの回りには一方通行を示す矢印が書かれています。

(写真2)円光寺ロータリー(西側から撮影・2)。

(写真2)円光寺ロータリー(西側から撮影)。(撮影ポイントは写真1とほぼ同じ)
ロータリー内は花壇となっています。また、衝突防止の反射材や、防火水槽の標識が建てられています。団地にあるロータリーは防火水槽の上につくられている事が多いですね。

(写真3)円光寺ロータリー(南西側から撮影)。

(写真3)円光寺ロータリー(南西側から撮影)。(撮影ポイント)
ロータリーは円形ではありません。北側・南側は直線上で、東側・西側は丸い…のですが、東西の円形のrが異なっているので、変形小判型というか、盾型というか…そんな感じの形。

(写真4)円光寺ロータリーと標識(東側から撮影)。

(写真4)円光寺ロータリーと標識(東側から撮影)。(撮影ポイント)
今度は周辺の標識が入るように離れたところからロータリーを写してみました。
まずは東側。ロータリーの標識があります。

(写真5)円光寺ロータリーと標識(西側から撮影)。

(写真5)円光寺ロータリーと標識(西側から撮影)。(撮影ポイント)
次は西側。こちら側にもロータリーの標識があります。

(写真6)円光寺ロータリーと標識(南側から撮影)。

(写真6)円光寺ロータリーと標識(南側から撮影)。(撮影ポイント)
次は南側。こちら側はロータリーの標識の先に「止まれ」の標識があります。

(写真7)円光寺ロータリーと標識(北側から撮影)。

(写真7)円光寺ロータリーと標識(北側から撮影)。(撮影ポイント)
最後は北側。こちら側もロータリーの標識+「止まれ」の標識。
詰まるところ、東西方向が優先道路で一時停止不要、と言うことです。この東西方向の道路は西側の県道と東側の山側環状を繋いでいるので、時間帯によってはそれなりに車が通ると思われます。

円光寺バスロータリー

(写真8・上)円光寺バスロータリー(北側から撮影)。 (写真8・下)円光寺バスロータリー・降車場と円光寺バス停(団地側)の拡大(北側から撮影)。

(写真8)上・円光寺バスロータリー(北側から撮影)、下・降車場と円光寺バス停(団地側)の拡大。(撮影ポイント)
今度はバスロータリーに来ました。
バスロータリーの東側には北鉄バスの降車場と、円光寺バス停(始発)があります。ここからは金沢市北部方面に行くバスが出ます。

(写真9)円光寺バスロータリー(西から撮影)。

(写真9)円光寺バスロータリー(西側から撮影)。(撮影ポイント)
バスロータリーは円光寺交差点のすぐ横です。
ちょうど円光寺始発のバス(どこ行きかは見えなかった)がロータリー東側のバス停に停まってました。ロータリーの県道側には円光寺バス停(郊外方向)があり、金沢市南部や野々市市に向かうバスが停車します。
写真は撮っていませんが、バスロータリーから南に50mほど進むともう1つ円光寺バス停があります。そちらには金沢駅行きのバスが停車します。金沢駅行きのバスも始発と同じバス停に停めれば、金沢市中心部の片町・香林坊・武蔵ヶ辻に出るには便利が良いような気もするのですが…ここの県道は結構渋滞するので、円光寺交差点からロータリーに入ろうとするとちょっと時間がかかってしまうのかもしれません。